浅井健一だけど河内淳一

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
コーセー米肌って凄いの?口コミや効果を徹底検証

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です