メインクーンで納(おさむ)

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
エクスレンダーってどうなの?口コミや効果を徹底検証!

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です