冨田のコスケ

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
雲のやすらぎプレミアムってよく売れているみたいですね?

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です