ペだけど竹村

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。

アットベリーって凄いの?口コミや効果を徹底調査!
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です