秋田の文(あや)

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

ノーノースメルの口コミや評判!真実を探ってみた!
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です