よわしと純ちゃん

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

レッドスムージーってどう?口コミや効果を徹底検証!!
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です