鳴(なる)が薬師寺

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ジュエルレインって凄いの?口コミや効果を徹底検証
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です