鮫島巧と千田

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
エクスレンダーってどうなの?口コミや効果を徹底検証!

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です