嗣永プロで新保

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ノアンデってワキガに効くって評判ですね!ノアンデを購入前にチェック!
ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です