富山だけどガイ

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
レッドスムージーってどう?口コミや効果を徹底検証!!

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です