コウジとリスザル

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。
ソワンでパックリ毛穴改善できるの?評判や口コミを調べてみた!

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です