東MAXの大泉

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。
ジュエルレインって凄いの?口コミや効果を徹底検証

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です