みっちぃ(みっちー)のフッキー

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

アロベビーの口コミや評判!赤ちゃんの為のスキンケア
その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です