石飛と操(みさお)

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

メンズアイキララの口コミがいいと評判徹底調査!
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です