矢印だけどこんぶ

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
ヒアロディープパッチは口コミなどでも人気ですね!

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です