内田で門脇

ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
リビドーロゼで男女のマンネリ解消?効果と口コミを徹底解析!

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です