上田が大出

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です